「知能と情報」Vol.20 No.6 会告

ホーム / 「知能と情報」Vol.20 No.6 会告

お知らせ

特集論文募集のお知らせ

  • 特集論文募集
    特集名:「人間共生システム」
    投稿締め切り:2009年2月16日
    掲載予定号:Vol.21, No.5 (2009年10月号)
    (詳細は,本号会告および学会ウェブページをご参照下さい)
    特集名:「20周年記念特集」
    投稿締め切り:2009年4月15日
    掲載予定号:Vol.21, No.6 (2009年12月号)
    (詳細は,本号会告および学会ウェブページをご参照下さい)
  • 今後の特集予定(仮称・時期未定)
    「感情」「画像処理/ロボットビジョン」「顔関係」「政策グリッド」など

論文募集

特集:「人間共生システム」論文募集のお知らせ

特集:「人間共生システム」
掲載予定号:2009年10月号
投稿締切:2008年2月16日
ゲストエディタ:前田 陽一郎(福井大学)

上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

 人間とロボット、人間とシステムなどの双方向コミュニケーションにおけるヒューマン・インタラクションを中心課題とし、人間と共生・共存できるシステムの実現に必要な要素技術の確立を目指した「人間共生システム」の研究が注目されています。「人間共生システム」において、人間とコミュニケーションを行う知的対象物としては、エージェント、ロボット、コンピュータ、システム、人間(ヒューマンコミュニケーション)など様々なものがあります。本学会が取り扱っている「ソフトコンピューティング」は論理性・規則性を基本とする「知的システム」と曖昧性・柔軟性を有する「人間」の間を橋渡しする技術ですが、「人間共生システム」研究は、これらの双方向インタラクティブ・コミュニケーションにおける相互作用の解析および親和性の向上を目指しています。

 本特集号では、このような「人間共生システム」関連の研究活動として、人間と知的システムの相互作用およびコミュニケーション、ヒューマンフレンドリーロボット、ヒューマン・インタラクション、人間協調システム、などの研究論文を幅広く募集いたします。

  • 募集分野
    アミューズメントロボット、パートナーロボット、ヒューマンコミュニケーション、エージェントシステム、ロボットの教示・調教、人工感情モデル、人間の意図理解、アフォーダンス、オントロジー、創作支援システム、インタラクティブアート、ゲームエージェント、など
  • 投稿締め切り
    2008年2月16日(必着)
  • 論文の種類
    論文の種類には、「原著論文」、「総説論文」、「実践研究論文」、「ショートノート」があり、非会員の方を含めてどなたでも投稿できます。詳しくは投稿案内をご覧ください。また、投稿時にはそのいずれであるかを明記してください。
  • 提出物および提出方法
    提出物および提出方法につきましては,学会ホームページの下の「電子投稿・査読システムに関する情報」をご覧下さい。
  • 査読プロセス
    通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
    学会ホームページの下にある投稿規定および著作権規定をご覧ください.投稿規定に基づいて投稿原稿を処理します.
  • 問い合わせ先
    〒910-8507 福井市文京3-9-1
    福井大学教育地域科学部 地域政策講座
    井上 博行
    E-mail: inoueedu00.f-edu.fukui-u.ac.jp

特集:「20周年記念特集」(懸賞)論文募集のお知らせ

特集:「20周年記念特集」
掲載予定号:2009年12月号(Vol.21,No.6)
投稿締切:2008年4月15日

日本知能情報ファジィ学会が、日本ファジィ学会として設立してから20周年を迎えることを記念して、二種類の懸賞付き論文を以下の要領で広く募集いたします。是非奮ってご応募ください。

 日本ファジィ学会が誕生してから20年が経ちました。この間、コンピュータが苦手としてきたあいまいさに対応するファジィ理論などを始めとし、様々なSOFT技術が発展し、社会へ応用されてきました。一方で、当学会の根幹であったファジィ技術は十分社会に貢献し、近年ではファジィ推論を超えるブレークスルーが期待され、当学会としても、日本知能情報ファジィ学会と改名して必ずしもファジィ技術に拘らない方向へと転換してきました。

 そこで、20周年を記念して、(a)SOFT分野技術・学会運営などの夢/未来を語る論文、(b)SOFT技術動向サーベイ論文の二種類の論文(懸賞付き・別刷料金支払い免除)を広く募集いたします。

  • 募集分野
    A. SOFT分野技術・学会運営などの夢/未来を語る論文
      従来の科学技術論文形式にとらわれず、SOFT分野における技術に対して期待する未来や夢、また本学会の今後の運営について有意義な提言もしくは未来や夢などを語った論文
    B. 技術動向サーベイ論文
      SOFT関連技術の詳細な動向などのサーベイ論文
  • 投稿締め切り
    2009年4月15日(必着)
  • 論文の種類
    A. に応募し採用された論文は、「20周年記念提言論文」として掲載します。
    B. に応募し採用された論文は、「20周年記念総説論文」として掲載します。
    いずれも今回新たに設置される論文種類です。B. の内容については投稿案内(*)に記載されている現行の論文種類「総説論文」をご参照ください。
    なお、A. B. ともに、投稿は会員の方のみに限ります。
    また、投稿時には電子投稿システムにおいて
      A. の場合、原稿分類{一般/特集論文}は「特集論文」、原稿区分は「原著論文」を選択、ただし、コメント欄に「20周年記念提言論文」と明記してください。
      B. の場合、原稿分類{一般/特集論文}は「特集論文」、原稿区分は「総説論文」を選択、ただし、コメント欄に「20周年記念総説論文」と明記してください。
  • 提出物および提出方法
    提出物および提出方法につきましては,学会ホームページの下の「電子投稿・査読システムに関する情報」をご覧下さい.
  • 査読プロセス
    A. は、従来の科学技術論文とは内容的に異なりますので、通常の査読プロセスとは大きく異なった審査方法となります。具体的には審査委員会(審査委員長は会長)を設置して広い視点から審査されます。また掲載時には審査委員会からのコメントを掲載します。
    B. は、「総説論文」として通常の査読プロセスに従います。
    学会ホームページの下にある投稿案内および著作権規定をご覧ください.規定に基づいて投稿原稿を処理します.
  • 問い合わせ先
    〒243-0297 神奈川県 厚木市 飯山1583
    東京工芸大学 工学部 コンピュータ応用学科
    荒井 良徳
    E-mail: araics.t-kougei.ac.jp

お知らせ

日本知能情報ファジィ学会サイト会員募集!(H21年度より開始)

サイト会員制度とは、正会員のオプションとして加入すると、その会員の所属学生がファジィシステムシンポジウム(FSS)やソフトコンピューティングに関する国際会議(SCIS)に学生会員の特典で参加できる制度です。研究室の学生が複数参加されている教員の方や複数の学生を参加させたいと考えている教員の方には、経済的にお得な制度です。正会員のオプションサービスですので、学生の方の入会手続きは不要です。シンポジウム参加申し込みの際に教員の方のサイト会員番号で特典を享受できます。

  • サイト会員オプション費用と支払い方法
    8,000円
    正会員費8,000円に加えて、オプション費用を合算して請求し、支払いただきます。支払方法は、会費と同様、銀行振込、クレジットカード、郵便振替のどれかを選択いただけます。
  • サイト会員による特典
    サイト会員オプションを申し込んだ会員の研究室に所属する学生(大学、大学院、高専に学生の身分で所属する者)は、ファジィシステムシンポジウム(FSS)、ソフトコンピューティングに関する国際会議(SCIS)その他、日本知能情報ファジィ学会ならびに支部、研究部会等が主催する行事に、学生会員の特典で参加できます。また、学会誌は通常の1冊に加えてさらに2冊送付されます。
  • 開始時期
    2009年度よりオプションにかかる会費も含めて会費請求いたします。
  • 手続き方法
    別紙申込用紙に必要事項を記入しFAXまたはメールで学会事務局へ送付ください。なお、申込用紙は学会WEBページからダウンロードできます。

    加入条件など詳細につきましては、学会事務局までお問い合わせください。

  • 問い合わせ先
    日本知能情報ファジィ学会 事務局
    〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    財団法人ファジィシステム研究所内
    TEL:0948-24-3355 FAX:0948-24-3356
    E-mail: softflsi.cird.or.jp

催事

第25回ファジィシステムシンポジウム開催案内

  • 主催:日本知能情報ファジィ学会(SOFT)
  • 共催:国際ファジィシステム学会(IFSA)(予定),筑波大学
  • 後援:筑波技術大学
  • 会場:筑波大学(筑波キャンパス)
    〒305-8573 茨城県つくば市天王台1-1-1
    つくばエクスプレスつくば駅下車後,関東鉄道バス筑波大学循環バス約10分
  • 会期:2009年7月14日(火),15日(水),16日(木)
  • スケジュール(予定):
    2009年1月22日(木) 企画セッション講演申込締切
    2009年3月 5日(木) 査読あり論文投稿締切
    2009年4月16日(木) 一般セッション講演申込締切
    2009年5月 7日(木) 予稿集掲載原稿送付締切、事前参加申込締切
  • プログラム:企画セッション(公募型・計画型),一般セッション, ビアセッション, 20周年記念企画(査読あり論文セッション,パネル討論,その他)

    詳細については,大会ホームページに掲載いたします.

  • 大会組織:大会委員長:宮本定明(筑波大学) miyamotorisk.tsukuba.ac.jp
    実行委員長:佐藤美佳(筑波大学) mikarisk.tsukuba.ac.jp
    プログラム委員長:三河正彦(筑波大学) mikawaslis.tsukuba.ac.jp

お知らせ

第25回ファジィシステムシンポジウム20周年記念特別企画
査読あり論文セッション 論文投稿のご案内

日本ファジィ学会(現日本知能情報ファジィ学会)が設立されて20周年になります。そこで平成21年7月14日(火)、15日(水)、16日(木)に筑波大学で開催されます第25回ファジィシステムシンポジウムでは、20周年記念特別企画の1つといたしまして「査読あり論文セッション」を企画いたします。企画のねらい、および投稿手順(概略)を以下に示しますので、皆様の奮ってのご投稿をお待ちしております。通常の一般講演論文としての投稿、企画セッションへの投稿もお待ちしております。

Ⅰ. ねらい
ファジィシステムシンポジウムの「査読あり論文セッション」に採択になった論文を発表することにより、インタラクティブで内容の濃い質疑応答が行え、しかも、ファジィシステムシンポジウムの発表後に論文投稿を推薦されて投稿する場合より、時間的に早く学会誌に掲載され、速報性を高めます。特に今回は、学会誌20周年記念号に掲載されます。また、「査読あり論文セッション」に採択となりました全論文に対しましてセッションアワードを授与し、さらに、発表された論文の中から選考し、FSS20周年特別記念論文賞(仮称)が授与されます。なお、いかなる理由があろうとも「査読あり論文セッション」での発表がキャンセルされた場合には、セッションアワード、FSS20周年特別記念論文賞(仮称)、および会誌への論文掲載の対象外となります。

Ⅱ. 手順
1.別途定める手順にしたがって査読あり論文セッション用の論文を投稿。通常のファジィシステムシンポジウムの投稿論文様式で8ページ~10ページ程度(平成21年3月5日締め切り)。
2.査読者3人以上によるブラインドレビュー。
3. 査読結果を4月9日までに、著者、および査読者全員に通知。
 ・「選抜論文」と判定された論文については、査読者のコメントにしたがって加筆・修正。ファジィシステムシンポジウムでは「査読あり論文セッション」で発表。
 ・「再査読」、あるいは「不採録」と判定された論文でもファジィシステムシンポジウムでの発表を希望する場合は、ファジィシステムシンポジウムの一般講演論文の投稿規程にしたがって書き換え、講演論文として投稿することは可能。なお、「再査読」と判定された論文は学会誌への一般論文掲載のための再査読論文として再投稿することを妨げない。
4. 「選抜論文」と判定された論文については、一般講演論文投稿締め切り日(平成21年5月7日)までに加筆・修正した論文、および査読者の質問事項に対する回答を別途定める手順で投稿。
5. ファジィシステムシンポジウム当日、「査読あり論文セッション」で論文を発表。発表時間、質疑応答時間はそれぞれ、15分~20分とし、合計40分程度とする。査読者を含めた一般参加者と質疑応答。
6. 発表当日に査読者による採録の可否の最終決定。その結果をファジィシステムシンポジウム終了後1ヶ月程度までに著者に通知。
7. ファジィシンポジウム発表時に受けた質問、コメントに回答する形の軽微な加筆・修正。
8. 最終原稿は10月15日までに、別途定める手順にしたがって日本知能情報学会誌20周年記念号掲載論文原稿として送付。
スケジュール(予定):
 読あり論文セッション用の論文投稿:平成21年3月5日(期限厳守)
 査読結果通知:平成21年4月9日
 ファジィシステムシンポジウム論文投稿:平成21年5月7日
 ファジィシステムシンポジウム会期:平成21年7月14日~16日
 最終採録通知:平成21年8月15日
 最終論文投稿:平成21年10月15日(期限厳守)

  • 注意:
     (1)査読あり論文セッションへの投稿手順の詳細は、第25回ファジィシステムシンポジウムのWebページに掲載していますので、それに従ってください。
     (2)査読あり論文セッションと通常の企画セッションは別ものとして対応いたしますので、同一内容論文の両セッションへの投稿は避けてください。
     (3)スケジュールはタイトですので、査読あり論文セッション用の論文投稿締め切りに遅れた場合は論文受付を一切、行いません。一般講演論文投稿の方へお回りください。また、20周年記念号掲載のための最終論文投稿締め切りに遅れた場合は、一般投稿論文として扱いますのでご注意ください。
     (4)本案内は、第24回ファジィシステムシンポジウム時に配布した案内に若干の加筆・修正がされております。論文投稿案内としましては本案内に従います。

本件に関する問合せ先:筑波大学 鬼沢武久 onisawaiit.tsukuba.ac.jp

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内