「知能と情報」Vol.22 No.5 会告

ホーム / 「知能と情報」Vol.22 No.5 会告

お知らせ

特集論文募集のお知らせ

  • 特集論文募集
    特集名:「建築・土木分野におけるソフトコンピューティングの応用」
    投稿締め切り:2010年12月15日
    掲載予定号:Vol.23, No.4 (2011年8月号)
    (詳細は,本号会告および学会ウェブページをご参照下さい)
  • 今後の特集予定(仮称・時期未定)
    「画像処理/ロボットビジョン」,「ゲーム」,「障害者支援」,「サービス」など

 

「日本知能情報ファジィ学会臨時総会」のご案内

 標記臨時総会を下記のように開催いたします.会員の皆様には御多忙中とは存じますが,ご出席をお願い致します.

日本知能情報ファジィ学会会長 高木友博
  • 日時:
    2010年12月10日(金)12:00~13:00
  • 場所:
    岡山コンベンションセンター(SCIS&ISIS2010会場)
    コンベンションホール
    〒700-0024 岡山市北区駅元町14番1号
    Tel:086-214-1000, Fax:086-214-3600
  • 交通:
    JR岡山駅中央改札口より徒歩 3分
    岡山I.C. より自動車 30分
    http://www.mamakari.net/map/index.html
  • 議題:
    1.定款の変更について
  • 総会資料:
    12月1日(水)よりSOFTホームページからご覧いただけます.
     資料に関するご質問は,庶務担当の延原理事(nobuhara @ iit.tsukuba.ac.jp)へ,12月6日(月)までに電子メールでお願い致します.ご質問に対する個々の返答は致しかねますが,臨時総会において回答申し上げます.
以上

論文募集

特集:「建築・土木分野におけるソフトコンピューティングの応用」論文募集のお知らせ

特集:「建築・土木分野におけるソフトコンピューティングの応用」
掲載予定号:2011年8月号
投稿締切:2010年12月15日(日)
特集エディタ:堤和敏(芝浦工業大学),秋山孝正(関西大学)

上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

 建築・土木分野における情報システム技術は,力学に基づく構造解析・安全性の検証を中心としたシステム構築からスタートしましたが,コンピュータのハード・ソフトの発展と共に,様々な分野に応用されることが期待されています.

 建築・土木構造物は,社会ストックとして重要な役割を担っているため,単に,構造物としての安全性の追求だけにとどまらず,社会システムとしての安全性,社会ストックとしての経済的・環境的合理性,景観との調和・美しさ・シンボル性,さらに,その構造物を利用する人たちの感性や満足度も考慮しなければなりません.従来は,設計者の「経験」と「勘」で行われていた設計行為も,建築・土木構造物の規模の増大と共に求められる性能も多岐に渡り,設計者個人の「経験」と「勘」では,うまく機能しない状況になって来ています.

 上記のように,高度な社会システムの計画や,設計行為を効率的に行うためには,ファジィ理論,ニューラルネットワーク,進化計算,ラフ集合,複雑系といったソフトコンピューティング手法をシステムに取り込むことが期待されます.

 そこで,建築・土木分野における情報システムを再考し,望ましい情報システムのあり方について議論を可能にすることを目的として本特集を企画いたしました.このような背景から,本特集では,建築・土木分野で求められている性能を効率的・合理的に満足する情報システムを構築するための要素技術,最適化手法,実証実験などの論文を広く募集いたします.

  • 募集分野
     建築・土木分野において,様々なソフトコンピューティング手法の応用に関する要素技術,モデル構築や理論検証,最適化技術,シミュレーションなどを対象としますが,これらに限定せず,建築・土木分野に関連した心理実験や社会実験,複雑系や感性を扱った研究も広く歓迎いたします.
  • 投稿締め切り
     2010年12月15日(日)
  • 論文の種類
     論文の種類には,「原著論文」,「総説論文」,「実践研究論文」,「ショートノート」があり,非会員の方を含めてどなたでも投稿できます.
  • 提出物および提出方法
     提出物および提出方法につきましては,学会ホームページの下の「電子投稿・査読システムに関する情報」をご覧下さい.
  • 査読プロセス
     通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
    学会ホームページの下にある投稿案内および著作権規定をご覧ください.規定に基づいて投稿原稿を処理します.
  • 問い合わせ先
    芝浦工業大学システム理工学部
    堤和敏
    E-mail: tutumisic.shibaura-it.ac.jp
    関西大学環境都市工学部
    秋山孝正
    E-mail: akiyamaipcku.kansai-u.ac.jp

催事

SCIS&ISIS2010開催案内

最新情報は,シンポジウム公式サイト をご確認ください.

  • 会議名:
    Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent Systems(SCIS&ISIS2010)
  • 主催:
    日本知能情報ファジィ学会(SOFT)
  • 共催:
    The Korean Institute of Intelligent Systems(KIIS),IEEE Computational Intelligence Society(IEEE CIS), 国際ファジィシステム学会(IFSA)
  • 会場:
    岡山コンベンションセンター
    〒700-0024 岡山市北区駅元町14番1号
    (JR岡山駅より徒歩3分)
  • 会期:
    2010年12月 8日(水)~12月12日(日)
  • プログラム:
    特別講演,企画セッション,一般セッション,バンケット
  • 特別講演
    1)"Data Visualization for Kansei Analysis"
         Prof. Takeshi Furuhashi(Nagoya University, Japan)
    2)"Autonomous Flying Robots: From Biology to Engineering"
         Prof. Dario Floreano(EPFL, Switzerland)
    3)"Emerging Technologies of Augmented Reality"
         Prof. Sang Yong Rhee (Kyungnam University, Korea)
  • 参加費:
    事前登録(10月17日まで) 会員:45,000円, 学生会員:30,000円
    事前登録(11月17日まで) 会員:50,000円, 学生会員:35,000円
    当日登録 会員:50,000円, 学生会員:35,000円
    (他の費用や詳細はホームページをご確認下さい)
  • 大会委員長(日本側):
    渡辺 桂吾(岡山大学) watanabesys.okayama-u.ac.jp
  • ホームページ:
    http://www.sys.okayama-u.ac.jp/scis_isis10/
  •  

    『ファジィ学問塾』2010年度受講生募集のお知らせ

  • ファジィ学問塾URL:
    http://fss2008.mzlab.osakac.ac.jp/fss/fuzzyschool2010/
  • 主 催:
    日本知能情報ファジィ学会 事業委員会
  • 共 催:
    日本知能情報ファジィ学会 関東支部,学生部会△NGLE
  • 塾長挨拶:
     日本知能情報ファジィ学会では,今年は関東地区で,恒例となりました第6回の『ファジィ学問塾』を開催いたします.次世代を担う学生や若手研究者を対象に,専門の著名な研究者(師範)によるファジィ理論や関連技術の講義を,演習を中心にわかりやすく,短期合宿形式で提供します.皆様方の積極的なご参加をお待ち申し上げております.
  • ファジィ学問塾 塾長 渡邊 俊彦(大阪電気通信大学)
  • 理 念:
     ファジィ理論のような横断型基幹科学では,関連領域が多く,一つの大学や研究機関で幅広く体系的に学ぶことは容易ではない.特に,ファジィ理論は国内の研究者が他分野に比べて少なく,種々のファジィ方法論全般に関する講義を耳にする機会は極めて少ない.このような状況を鑑みて,本学問塾では,次世代を担う学生や若手研究者を対象に,2, 3のテーマに絞って,講義・演習を行う短期合宿型スクール形式で,専門の研究者によりファジィ理論や関連技術のわかりやすい講義を提供し,ファジィ理論とその周辺分野を若手研究者に普及し,研究レベルの向上をめざす.
  • 開催日:
    2010年11月13日(土)13:00 ~ 11月14日(日)16:00
  • 会 場:
    山喜旅館
    〒414-0022 静岡県伊東市東松原町4番7号
    TEL:0557-37-4123(代) FAX: 0557-38-8123
    http://www.ito-yamaki.co.jp/index.html
  • 交 通:
    JR伊東駅より徒歩7分.
  • 参加費:
    学生 5,000円(宿泊,朝食・昼食・夕食・夜食込み),一般 8,000円(学生と同様)
  • 対 象:
    大学生または大学院生,および企業や大学の若手研究者
  • 募 集:
    募集人数は25名程度,申込は以下のウェブページにてお願いします。
    http://fss2008.mzlab.osakac.ac.jp/fss/fuzzyschool2010/
  • 師 範:
    鬼沢 武久 師範 (筑波大学)
    宮本 定明 師範 (筑波大学)
    安信 誠二 師範 (筑波大学)
    佐藤 美佳 師範 (筑波大学)
  • 講 義:
    1) ファジィシステム理論入門 (鬼沢 師範)
    2) ファジィクラスタリングについて (宮本 師範)
    3) ファジィ制御とその実応用 -熟練者の知恵を組み込めて電車が乗り心地良く止まるのか- (安信 師範)
    4) 複雑データに対する探索的アプローチ (佐藤 師範)
  • 問合先:
    ファジィ学問塾 塾長
    大阪電気通信大学工学部電気電子工学科 渡邊 俊彦
    〒572-8530 大阪府寝屋川市初町18-8
    TEL(072)824-1131 E-mail: t-wataisc.osakac.ac.jp

 

日本知能情報ファジィ学会 合同シンポジウム

第19回北信越支部シンポジウム&第37回関東支部ワークショップ&第10回人間共生システム研究会

開催案内

 知能情報ファジィを議論し合い、語らう場を、石川工業高等専門学校(石川高専)で開催します。夜は、石川高専近くにある温泉旅館にて、情報交換したり、交流を深めることを企画しております。更に若手研究者の養成の場として、利用していただきたいと思いますので、高専生から大学生・大学院生などの積極的なご参加を心からお待ちしております。

  • 主催:
    日本知能情報ファジィ学会 北信越支部・関東支部・人間共生システム研究会
  • 日時:
    2010年11月20日(土)研究発表会 & 懇親会
    2010年11月21日(日)研究発表会 & エクスカーション(石川県の観光など)
  • シンポジウム会場:
    石川工業高等専門学校・トライアル研究センター2F講義室
    〒929-0392 石川県河北郡津幡町字北中条タ1(JR津幡駅から徒歩15分程度、車で5分程度)
    懇親会・宿泊場所:勝崎館 (http://www2.ocn.ne.jp/~katuzaki/
    石川県河北郡津幡町庄イ2-1(石川高専より車で5分:送迎バスを出します)
  • 参加費・宿泊費・懇親会費等
  • 参加費:
    会員3,000円、非会員4,000円、学生1,000円
  • 宿泊費:
    5,250円、懇親会費6,500円(料理&飲み放題つき)
    ※学生参加者(学生会員のみ)には旅費の一部補助を行う予定です。
  • 講演・参加申し込み:
    10月8日(金)までに、以下の内容を記載の上、電子メールにて申込ください。
  • 申込先:
    koshinoishikawa-nct.ac.jp(石川高専:越野 亮)

    講演者も参加申込をお願いいたします。
    プロジェクターやノートPCなどはご用意いたしますが、各自でもご準備いただけると幸いです。

  • 講演申込:
    (1)題目、著者、所属
    (2)連絡先(電子メールアドレスなど)
    (3)原稿ページ数(2ページまたは4ページ)
    (4)発表時間の希望(質疑応答含めて15分、20分、25分など)
    (5)その他(発表希望日時など)
  • 参加申込:
    (1)氏名、所属
    (2)連絡先(電子メールアドレスなど)
    (3)参加資格(一般会員、一般非会員、学生会員、学生非会員の種別)
    (4)宿泊の可否
    (5)懇親会参加の可否
    (6)エクスカーション(石川県の観光などの交流企画)の可否
  • プログラム通知:
    講演申込締切後、10月下旬にはプログラムの通知をいたします。
  • 論文原稿フォーマット:
    ファジィシステムシンポジウムのフォーマットにてWordもしくはPDFファイルでお送りください。
    <ファジィシステムシンポジウムのURL>http://fss2009.el.a.tsukuba-tech.ac.jp/
  • 論文締切日・提出先など
  • 締切日:
    2010年10月8日(金)
  • 提出先(兼問合せ先):
    石川高専・電子情報工学科 越野 亮(koshinoishikawa-nct.ac.jp)

 

教員・研究員公募

教員の公募について

北陸先端科学技術大学院大学
知識科学研究科
研究科長 國藤 進

北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科は、下記の要領で教員を公募します。

  • 公募人員:
    システム知識領域 准教授 1名
  • 専門分野:
     意思決定科学及びシステム科学分野において、科学的・定量的データと主観的・定性的データが混在する複雑な意思決定問題に対する統一的方法論の構築及び解決手法の研究開発を通じて、システム知識領域における知識科学を発展させる教育研究分野。知識科学研究科は、理工系と人文社会系の知の再編統合を図り、21世紀の知識社会のパイオニアを組織的に育成します。
  • 応募資格:
     博士の学位を有し、テーマの国際性・学際性に富む上記分野の教育および研究に熱意を有する方で、英語を使ってのグローバル・コミュニケーション能力のある方。女性または外国人研究者の応募を歓迎いたします。
  • 任期:
    10年(ただし、再任審査あり。10年の任期内にテニュアの審査を受けることも可能です。)
  • 着任時期:
    平成23年4月1日
  • 応募書類:
    (1)履歴書(写真貼付)
    (2)業績リスト
     研究論文を、査読付き原著論文、査読付き国際会議報告、著書に分けて年代の逆順(最近のものから過去にさかのぼる形)で列記して下さい。また、学会の役員や委員、学術誌エディタや国際会議役員などの経験、科研費等の外部資金獲得、受賞、特許など選考の参考になる事項についても列記して下さい。
    (3) これまでの研究および実務経験の概要(A4 2枚以内)
    (4) 主要論文(5報)の別刷またはコピー
    (5) 本学着任後の研究教育に対する抱負(A4 2枚以内)
    (6) 応募者本人の連絡先(郵便宛先と電子メールアドレス)
    (7) 推薦書2通、または2名の照会者の連絡先(郵便宛先と電子メールアドレス)
     書類はA4用紙で作成して下さい。
  • 応募締め切り:
    平成22年11月1日(月) 必着
  • 書類送付先:
    〒923-1292 石川県能美市旭台1-1
    北陸先端科学技術大学院大学
    知識科学研究科長  國藤 進
    応募封筒には「システム知識領域 准教授応募」と朱書して下さい。
  • 選考方法:
     これまでの業績および必要に応じ照会者の意見を参考に選考いたします。業績については論文数とともに主要な業績の内容、内外の評価、実務的貢献についても評価いたします。JAISTは、教員の選考に際して機会均等、多様性が重要と考え、女性や外国人の採用を積極的に進めています。
    選考の途中で、提出いただいた資料に関する説明や、講演などをお願いすることがあります。応募の秘密を厳守いたします。
  • 問合せ先:
    知識科学研究科
    研究科長 國藤 進
    TEL: 0761-51-1152(研究科長秘書)
    FAX: 0761-51-1149(研究科共通事務室)
    E-mail: ks-deanjaist.ac.jp

 

教員の公募について

北陸先端科学技術大学院大学
知識科学研究科
研究科長 國藤 進

 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科は、理工系と人文社会系の知の再編統合を図り、21世紀の知識社会のパイオニアを組織的に育成しています。本研究科は、下記の要領で教員を公募いたします。

  • 公募人員:
    システム知識領域 助教 1名
  • 専門分野:
    経済学・社会学等の分野において、複雑系の考えに基づき、シミュレーションという合成的方法と社会調査やインタビューなどの分析的方法を組み合わせた制度研究を志向し、システム知識領域における知識科学を発展させる教育・研究分野。
  • 応募資格:
    着任時に博士の学位を有し、上記分野の教育および研究に熱意を有する方。
  • 着任時期:
    平成23年4月1日以降出来る限り早い時期
  • 任期:
    5年 (再任制度あり)
     本学では、「大学の教員等の任期に関する法律」に基づく任期制を導入しています。本学の任期に関する情報については、以下をご覧ください。
    http://www.jaist.ac.jp/general_info/houjin/kisoku/index.html
  • 応募書類:
    (1)履歴書(写真貼付)
    (2)業績リスト
     研究論文を、学術論文、国際会議(査読有・無)、著書等に区別、年代の逆順(最近のものから過去にさかのぼる形)で列記して下さい。また、学術雑誌の編集委員、国際会議のプログラム委員等学術的貢献も含めてください。科研費等の外部資金獲得、受賞、特許出願など選考の参考になる事項についても列記して下さい。
    (3) 主要論文(3編)の別刷りまたはコピー
    (4) 主たる研究概要と今後の研究計画 (4000字程度)
    (5) 教育に対する抱負 (2000字程度)
    (6) 応募者本人の連絡先(郵便宛先と電子メールアドレス)
    (7) 推薦書2通、または意見を伺える方2名の氏名・所属と連絡先(e-mail)
  • 応募締め切り:
    平成22年12月1日必着
  • 書類送付先:
    〒923-1292 石川県能美市旭台1-1
    北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科
    研究科長  國藤 進
    「教員応募書類在中(システム知識領域・助教)」と朱書して、簡易書留にて郵送のこと。
  • 選考方法:
     これまでの業績および必要に応じ照会者の意見を参考に選考いたします。業績については論文数とともに主要な業績の内容、内外の評価、実務的貢献についても評価いたします。JAISTは、教員の選考に際して機会均等、多様性が重要と考え、女性や外国人の採用を積極的に進めています。選考の途中で、提出いただいた資料に関する説明や、講演などをお願いすることがあります。
     応募の秘密を厳守いたします。
  • 問合せ先:
    知識科学研究科
    研究科長 國藤 進
    TEL: 0761-51-1152(研究科長秘書)
    FAX: 0761-51-1149(研究科共通事務室)
    E-mail: ks-deanjaist.ac.jp

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内