「知能と情報」Vol.24 No.1 会告

ホーム / 「知能と情報」Vol.24 No.1 会告

お知らせ

特集論文募集のお知らせ

  • 特集論文募集
    特集名:「ヒトと関わり合う知的システム」
    投稿締切:2012年3月16日
    掲載予定号:Vol.24, No.5(2012年10月号)
  • 特集名:「WebインテリジェンスとインタラクションII」
    投稿締切:2012年5月31日
    掲載予定号:Vol.25, No.1(2013年2月号)
    (詳細は,本号会告および学会ウェブページをご参照下さい)

  • 今後の特集予定(仮称・時期未定)
    「ラフ集合」,「インテリジェントスマートフォン」など

論文募集

特集:「ヒトと関わり合う知的システム」論文募集のお知らせ

掲載予定号:2012年10月号
投稿締切:2012年3月16日
ゲストエディタ:前田 陽一郎(福井大学),片上 大輔(東京工芸大学)

上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

 人間とロボット、人間とシステムなどの双方向コミュニケーションにおけるヒューマン・インタラクションを対象とした、人間と共生・共存できるシステムの実現に必要な要素技術の確立を目指した「人間共生システム」の研究が注目されています。「人間共生システム」において、人間とコミュニケーションを行う知的対象物としては、エージェント、ロボット、コンピュータ、システム、人間(ヒューマンコミュニケーション)など様々なものがあります。
 ここで、論理性・規則性を基本とする「知的システム」が、曖昧性・柔軟性を有する「人間」と深く関わり合い、関係性を構築するには、本学会が取り扱っている、ソフトコンピューティング技術の活用が欠かせません。そのため日本知能情報ファジィ学会でも、これからの学会が目指す大きな方向性として「人間共生システム」が5大マルチコアの一つの柱として選定されています。このような技術を駆使して、ロボットやエージェントなどの「知的システム」と「人間」との関わり合いや関係性の構築、意図理解を行う研究は、今後ますますその重要性を増すものと予想されます。
 本特集号では、生物を意識した人間を表す「ヒト」という表現を用い、「ヒトと関わり合う知的システム」を主な対象として、人間と共存するシステム、人間と知的システムのインタラクション、ヒューマンフレンドリーロボット、ヒューマンコミュニケーション、人間協調システム、などの研究論文を幅広く募集いたします。

  • 1.募集分野
     人間共生システム、アミューズメントロボット、パートナーロボット、ヒューマンコミュニケーション、エージェントシステム、ロボットの教示・調教、人工感情モデル、人間の意図理解、情動コミュニケーション、アフォーダンス、創作支援システム、インタラクティブアート、ゲームエージェント、など
  • 2.投稿締め切り
    2012年3月16日(金)(必着)
  • 3.論文の種類
     論文の種類には、「原著論文」、「総説論文」、「実践研究論文」、「ショートノート」があり、非会員の方を含めてどなたでも投稿できます。詳しくは投稿案内(*)をご覧ください。また、投稿時にはそのいずれであるかを明記してください。
  • 4.提出物および提出方法
     提出物および提出方法につきましては、「電子投稿・査読システムに関する情報」をご覧下さい。
  • 5.査読プロセス
     通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
    学会ホームページの投稿規定および著作権規定をご覧ください。投稿規定に基づいて投稿原稿を処理します。
  • 6.問い合わせ先
     片上 大輔
     東京工芸大学 工学部 コンピュータ応用学科
     〒243-0297 神奈川県厚木市飯山1583
     E-mail: katagami[at]cs.t-kougei.ac.jp

特集:「WebインテリジェンスとインタラクションII」論文募集のお知らせ

掲載予定号:2013年2月号
投稿締切:2012年05月31日
ゲストエディタ:Webインテリジェンスとインタラクション企画委員会

上記特集の論文を以下の要領で募集いたします。ふるってご投稿ください。

 私たちの日常生活やビジネスなどにおけるWebの存在が増すにつれ,Web上でやりとりされる情報・データの内容,利用形態は多様になる一方です.この様な状況において,Webをより高度に活用するためには,知的情報処理技術,人間を含んだインタラクションの視点が以前にも増して重要となってきています.
 このような背景の下,本誌2006年4月号に「Webインテリジェンスとインタラクション」に関する特集を組み,多数の投稿を集めることができました.あれから,6年の月日が流れ,TwitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアの台頭も著しく,本分野の研究は益々活発化してきています.
 そこで,本特集では,Webの高度活用につながる基礎理論,要素技術,システム開発,適用事例報告等の論文を改めて広く募集いたします.現状ではWebに適用していなくとも,今後Webへの適用が見込まれる理論,要素技術,システム開発なども含みます.

  • 1.募集分野
     Webインテリジェンスとインタラクションに関する基礎理論,要素技術,システム開発等の分野:情報検索技術,Webマイニング,セマンティックWeb,Webコミュニティ,評判情報抽出,情報フィルタリング,トピック検出・追跡,レコメンデーションシステム,Webラーニング,データマイニング,テキストマイニング,情報可視化,情報共有・統合,クラスタリング,ヒューマンインタフェース,インタラクション設計,マルチメディア情報検索,情報配信技術,その他の関連分野.
  • 2.投稿締め切り
    2012年05月31日(木)(必着)
  • 3.論文の種類
     論文の種類には、「原著論文」、「総説論文」、「実践研究論文」、「ショートノート」があり、非会員の方を含めてどなたでも投稿できます。詳しくは投稿案内(*)をご覧ください。また、投稿時にはそのいずれであるかを明記してください。
  • 4.提出物および提出方法
     提出物および提出方法につきましては、「電子投稿・査読システムに関する情報」をご覧下さい。
  • 5.査読プロセス
     通常の査読プロセスに従います。また途中の処理の都合で、本特集号の発刊に間に合わなくなった論文は通常の論文として他号に掲載される場合があることをあらかじめご承知おきください。
    学会ホームページの投稿規定および著作権規定をご覧ください。投稿規定に基づいて投稿原稿を処理します。
  • 6.企画委員会委員
     土方 嘉徳(大阪大学),高間 康史(首都大学東京),大塚 真吾(神奈川工科大学),
    難波 英嗣(広島市立大学),松下 光範(関西大学),大向 一輝(国立情報学研究所),
    杉原 太郎(北陸先端科学技術大学院大学),笹嶋 宗彦(大阪大学),井口 誠(KII),
    坂本 比呂志(九州工業大学),庄司 裕子(中央大学),是津 耕司(情報通信研究機構),
    山田 和明(東洋大学),加藤 文彦(国立情報学研究所),熊本 忠彦(千葉工業大学),
    河合由起子(京都産業大学),小林 一郎(お茶の水女子大学),波多野 賢治(同志社大学),村上 晴美(大阪市立大学),齋藤 ひとみ(愛知教育大学),奥 健太(立命館大学),
    北山 大輔(兵庫県立大学),西山 莉紗(日本IBM),濱崎 雅弘(産業技術総合研究所),
    櫻井 茂明(東芝ソリューション)
  • 7.問い合わせ先
     櫻井 茂明
     東芝ソリューション株式会社 IT技術研究所 ビジネスインテリジェンスラボラトリー
     〒183-8512 東京都府中市片町3-22
     E-mail: sakurai[at]hrt.dis.titech.ac.jp

開催案内

    第28回ファジィシステムシンポジウム

    シンポジウム公式サイト http://fss2012.j-soft.org/

     ファジィ理論をはじめとして知能情報システムに関する講演やイベントを多数予定しております.
     今年は,初めての試みとして日本神経回路学会大会との同時開催となっております.
     たくさんの方々のご参加をお待ちしております.
     なお,詳細は大会ウェブページ(http://fss2012.j-soft.org/)に掲載いたします.

  • 主催:日本知能情報ファジィ学会(SOFT),日本神経回路学会(JNNS)
  • 共催:国際ファジィシステム学会(IFSA)(予定)
  • 会場:名古屋工業大学

    〒466-8555 愛知県名古屋市昭和区御器所町

    http://www.nitech.ac.jp/
  • 会期:2012年9月12日(水),13日(木),14日(金)
  • テーマ:脳と知の融合を目指して−隣りを知ろう−
  • スケジュール(予定):

    2012年3月16日(金):企画セッション提案申込締切

    2012年4月27日(金):一般セッション講演申込締切

    2012年4月27日(金):企画セッション講演申込締切

    2012年6月29日(金):講演原稿送付締切

    2012年7月31日(火):事前参加申込締切
  • プログラム(予定):一般セッション,企画セッション(計画型・公募型),イブニング・ポスターセッション,基調講演,特別講演,その他

    詳細については,大会ホームページ(http://fss2012.j-soft.org/
  • [大会組織]

    実行委員長:中村剛士(名古屋工業大学)

    プログラム委員長:加納政芳(中京大学)

    財務委員長:吉川雅弘(名城大学)
    実行委員:川中 普晴(三重大学)[企画セッション担当]

    矢野 良和(愛知工業大学)[招待講演・特別講演担当]

    水沼 洋人(名城大学)[出版担当]

    高瀬 治彦(三重大学)[広報担当]

    伊藤 宏隆(名古屋工業大学)[会場担当]

    吉川 大弘(名古屋大学)[イベント企画担当]

    上野 ふき(名古屋大学)

    小田 哲久(愛知工業大学)

    佐々木 守寿(愛知教育大学)

    高野 敏明(三重大学)

    古橋 武(名古屋大学)

    三好 哲也(豊橋創造大学)

Contact

学会入会・学会全般に関するお問い合わせ

  • 0948-24-3355

  • 〒820-0067 福岡県飯塚市川津680-41
    一般財団法人ファジィシステム研究所内