第117回 ファジィ学会理事会議事録

1.日時:平成14年6月8日(木)10:00から12:45

2.場所:青山学院大(第7期第7回理事会)

3.出席者:廣田、椎塚、鬼沢、山田、戒野、柴田、高木、横川、山口(記)
       (欠席者) 湯場崎、古橋

4.議事:
  1) 議事録の確認(資料117−1,2)
    資料にある第115回、116回の議事録を確認し、承認した。

  2) 総会の式次第の確認(資料117−3:学会誌掲載済みの案内)
    式次第を資料により確認した。以下、その総会で説明する予定の各項目を確認していく。

  3) 平成13年度決算報告および14年度予算案について(資料117−4)
    予算規模の縮小傾向が続いている。平成13年度に関しては、会誌発行費の削減効果
    により、辛うじて黒字となっているとの報告。

  4) 決算報告に対する監査報告について
    監査結果は承認とする。会誌費用の低減は評価する。今後さらに電子化でコストダウン
    できると良いのではないか。国際会議における収入など、定常化する収入でないもので
    黒字となる体質など、7項目について提言を付加する。

  5) 平成13年度事業報告および14年度事業計画案について
    全体を詳細に説明する場合、説明時間の問題があり、13年度、14年度に新たな展開
    している事業(H13年度:SOFTの独自ホームページ、図書の電子化など、
    H14年度:チュニジア(チュニジア工科大学)の方々と、国際会議の共催)を中心に
    説明する。説明の構成を後者中心に再編成する。

  6) 事業報告に対する監査報告
    監査結果は承認とする。研究会カレンダーなど支部活動の活性化をはかるいくつかの
    提言をおこなう。

  7) 横断型システム学会と国際学会IFSAの件(資料117−5−1、117−5−2)
    科研費の申請等に関連することもあり、積極的に横断型システム学会へ参加する。
    第1回会議に会長が参加(午後古橋将来計画担当理事参加)。
    さらに、IFSAのカンセルミーティング議事の抜粋を報告する。

  8) ホームページの開設(117−6)
    有志によるML、英文ML、掲示板を新たに開設。

  9) AFSSのご報告(117−7)
    国際会議AFSS(現在の日本代表:向殿先生)の基金に関する説明。

  10) 英文論文誌の件
    学会名の変更後、英文論文誌を発行していきたい。現在の2年に1回の国際会議も、
    その意味で有効に生かしていきたい。事業収入のプラスに貢献できると思われる。

  11) 議事録のHPへのUPの問題
    議事録などはなるべくHP上への公開を原則とするが、公開できない部分など、
    事前に庶務担当理事で対応する方法をとる。

                                                    以上